先日の引っ越しで、見積もりを出してもら

先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、えっと思うようなことがありました。

荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に専用の保険があると言うのです。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、買ったときに30万円以上した場合、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。

もうちょっと粘れば良かったのか他の方のお話を聞きたいです。単身赴任の引っ越しを先日行ったのですが、その際に、業者さんへ慣例として渡すことの多いと聞いた心付けをいくらにすれば良いかを家内と打ち合わせました。

引っ越しとはいってもそれほどの荷物はなかったので作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、作業そのものにも1時間ちょっとしかかかりませんでしたので、結論をいえばお茶を出した程度で心付けについては今回は渡しませんでした。引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は同じ内容の引っ越しを依頼したとしても時期による変動は必ずあります。

特に、年度末や夏、冬の休みでは繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるためどの業者も高めの料金設定になっています。時期が選べれば繁忙期を外して引っ越しできればいろいろな意味でお得になってきます。

なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。
私は引っ越し時に、自宅にあった不用品を売りました。
家具や洋服など、いろいろと出てきました。
業者の方に家まで来てもらって、全部ひっくるめて査定をしてもらったのです。

そうすると、思いもよらない査定額となりました。

私の不用品が、お金へと変わったのです。
とっても嬉しかったです。家を引っ越すこと自体は新しい気持ちにもなれて好きなほうなのですが、国民健康保険等の住所変更など、市役所へ行き、いろんな手続きを毎回する必要があるところが、面倒くささを感じてしまいます。こういう諸々の手続きも、インターネットから簡単に家で行うことができたら手間的にも時間的にも良いのになあと思っています。
今度引越しをすることになりました。

住所の変更手続きに伴い、車庫証明も取り直す必要があるらしいです。実家にいたときは、このような手続きは全て父がしてくれていました。それなのに、父自身は面倒だとか、大変だとか一度たりとも言ったことはない気がします。
やはり一家の父という立場は偉大なんですね。
結婚に伴って転居したときに、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。
専門の業者にお願いした引っ越しなど初めての経験で、電話でも緊張していたのを覚えています。ですが、スタッフ全員が丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。

次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、ヤマト運輸を利用したいと思います。転居するにおいて一番気になる事は、その費用だと考えます。近年は、一度の見積もり等、充実してきており、その中で一番安価な引越し業者を選ぶ事も多々あるでしょう。
ただ、料金が安いということだけに捉われていると、サービスの質が蔑ろになる事もあるので、丹念な注意や確認が必要です。

引越し業者を利用すると、週末や祝日などは利用料金が高くなります。

休みは土日や祝日だという人が圧倒的に多いので、引越しを希望する人が集中してしまうからです。

電気料金も日中は使用者が多いため高く、夜間は使用者が少ないので安くなりますよね。
できるかぎり人気の集中しない日にすると、引越し料金が安く抑えられるでしょう。部屋の引越しにあたって、借家だった場合は原状回復の義務というものが発生してきます。
この原状回復義務は、家を借りていた時に傷つけた箇所や壊れた物等を元の状態に戻す義務のことで、通常は敷金から差し引かれて、残ったお金が戻ってくるということになります。過去に、引越しを経験しました。
業者に依頼しましたが、それでも想像どおり大変でした。

何が苦労したかというと、引越しに関わる手続きです。

市町村を移動すれば、印鑑証明請求に必要とされる印鑑登録も行っておく必要がありました。あまり必要ではないのですが、一応登録しておきました。引っ越ししてしまったら、何かと手続する事があります。市町村役場でなさるべき事は、住民票や健康保険、印鑑登録とかです。

あなたが犬を飼っているなら、登録変更する必要があります。また、原動機付自転車の登録変更も市町村でします。

全てを一度に行ってしまうと、何度もいらっしゃらずに済みます。

洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。少し前に転勤により、引っ越しをしました。

新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて利用した引っ越し業者に電話しました。
ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようでそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で引っ越し先に到着してしまったのでしょう。他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないとまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、よく考えてみましょう。今どき、固定電話は絶対必要とは言えませんが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするための手続きが必要になってきます。
食器棚の引っ越しを手配する